Takana-DATA

『ロアッソ熊本』のデータにまつわるエトセトラ( ゚∀゚)o彡

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

序盤の重要性 

2016/03/30
Wed. 13:28

センバツ頑張っておりますね、秀岳館。
優勝とかなるとまためっちゃ盛り上がりますね熊本。

さてさて、ロアッソですが、思いがけない位置にいるもんでこんな記事が出ちゃう有様。


更にこんなデータまで

うーむ恐ろしいw
プレッシャー半端無いw

日曜に序盤の6節を消化しようとしております。
1/7の消化といったところ。

個人的にこの1/7消化、6節消化時点で大勢は決すると思っております。
J昇格後、2008シーズンからの6節終了時点の成績を見てみましょう( ´∀`)ノ⌒[表]ポーイ
シーズン 6節
終了時点
最終節
終了時点
2008 14 12 -2
2009 10 14 +4
2010 5 7 +2
2011 12 11 -1
2012 14 14 0
2013 17 19 +2
2014 16 13 -3
2015 15 13 -2

ご覧のように、殆ど変わりません。
一番ブレたので10位→14位、その程度。

何故こんなにブレないかは分かりませんけど、恐らく6試合も戦えばタイプの違った相手とそれなりにやれて、その結果、選手達の潜在的な自信だったり、小さな局面で前を向けるか向けないか等の感覚の差がついてそれがずっと継続するのではないかと。
ガンバなどが序盤躓いて監督替えたりしてもずっとパフォーマンスを取り戻せなかったような。個々の力はあるんでしょうけど潜在的な何か。
当然ここらで最下位に沈んでいながらPO進出を果たした横浜FCのような例外もあるのも事実ですが。


次、強敵清水。
順位表は上に居ますがひしめき合っております。
ここで勝ち点を取得するか否かで大きく変わるんじゃないか、と思うわけです。相手も相手だし。
自信が付くことこの上ない一戦、さあ、首位を維持しましょう。

非常に大事なホームゲームになります。


スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

きっと届く! 

2015/07/30
Thu. 12:12

梅雨明けました。
熊本の夏が本格化します。

「熊本の夏、失速の夏」なんて標語があったとかないとかの凶悪な暑さですが、序盤のブレーキが尾を引いている現状でそんなこと言ってられません。
7月は素晴らしいペースで終えそうです。8月、いや最後までそのままでいきたいものです。

さて、早いもので残りは僅か16試合となりました。意外と少ない。
全クラブ直近5試合のペースを基に16試合をこなしたものとして表を作成しますた(・ω・)ノ

つっても対戦相手も変わってくるし、選手層も変わってくるから全然わかんないけど、上位から下位まで勝ち点がここまで詰まってるシーズンも珍しいので順位なんてすぐに上に行けるし逆もまた然り。

とりあえず( ´∀`)ノ⌒[表]ポーイ
現在 直近5試合 残り 最終
順位 勝ち点 勝ち点 順位 勝ち点
大宮 1 61 5 0 0 15 48 1 109
磐田 2 47 2 1 2 7 22.4 4 69.4
C大阪 3 44 3 1 1 10 32 3 76
東京V 4 43 4 0 1 12 38.4 2 81.4
金沢 5 41 0 4 1 4 12.8 13 53.8
福岡 6 41 2 2 1 8 25.6 6 66.6
千葉 7 38 0 2 3 2 6.4 17 44.4
長崎 8 38 2 2 1 8 25.6 7 63.6
札幌 9 35 0 1 4 1 3.2 19 38.2
愛媛 10 35 1 2 2 5 16 14 51
横浜C 11 35 1 1 3 4 12.8 15 47.8
讃岐 12 33 2 2 1 8 25.6 9 58.6
北九州 13 33 1 1 3 4 12.8 16 45.8
群馬 14 32 2 1 2 7 22.4 12 54.4
岡山 15 31 0 2 3 2 6.4 20 37.4
徳島 16 31 4 0 1 12 38.4 5 69.4
水戸 17 29 2 3 0 9 28.8 10 57.8
熊本 18 29 3 1 1 10 32 8 61
栃木 19 27 1 2 3 5 16 18 43
大分 20 25 3 1 1 10 32 11 57
京都 21 25 1 0 4 3 9.6 22 34.6
岐阜 22 23 1 1 3 4 12.8 21 35.8

大宮さんのぶっちぎりはまぁ明白として。
順位は如何にしてもC大阪、磐田はある程度勝ち点積んでるし、地力あるクラブなので6位以内は余裕かと思うんですが。
光るのは好調・東京Vの存在。順位予想で軒並み示された降格圏というのを覆して2位完走しそうな勢い。

そしてこの予想でPOに上がってきそうなのが、福岡そして徳島。
現在ある程度上の福岡はPOは行くのだろうと踏んでますが、徳島の勢いたるや。非常に怖い存在。

熊本。
直近5試合のペースを維持して8位フィニッシュ。
あと少し。頑張ったら、ホント頑張ったら6位に滑り込めるんじゃないかというところ。
行きたいわPO・・・
千葉、札幌、長崎がこのまま終わる訳ないと思うと、かなり高いハードルになってくるんですがね。

言える事は今の守備のベースをしっかりとしつつ虎視眈々と狙っていくこと。
連敗すればすぐに下に飲み込まれていく。
「届く」そんな想いを胸にあと16試合戦っていきたいものです。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。