Takana-DATA

『ロアッソ熊本』のデータにまつわるエトセトラ( ゚∀゚)o彡

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2013総括#4~選手シュート数とゴール数~ 

2013/12/24
Tue. 13:21

クリスマスイブですこんにちは。
えーと、イケヤンプレゼント待ってます。

さて、今季のシュート数とゴール数などを。
( ´∀`)ノ⌒[表]ポイー
No 名前 シュート数 ゴール数 決定率 出場 シュート平均
30 仲間 隼斗 60 6 10.0% 2,800 1.9
17 齊藤 和樹 59 8 13.6% 2,736 1.9
10 養父 雄仁 51 2 3.9% 1,773 2.6
28 堀米 勇輝 33 4 12.1% 1,560 1.9
2 黒木 晃平 32 1 3.1% 2,010 1.4
9 ファビオ 32 1 3.1% 1,674 1.7
7 片山 奨典 28 2 7.1% 3,574 0.7
11 藤本 主税 22 2 9.1% 1,414 1.4
8 原田 拓 22 1 4.5% 2,620 0.8
25 ウーゴ 18 0 0.0% 672 2.4
39 北嶋 秀朗 13 0 0.0% 1,156 1.0
3 高橋 祐太郎 10 3 30.0% 1,759 0.5
13 大迫 希 10 3 30.0% 719 1.3
5 矢野 大輔 10 2 20.0% 3,229 0.3
38 橋本 拳人 10 0 0.0% 1,803 0.5
22 吉井 孝輔 8 1 12.5% 2,819 0.3
23 藏川 洋平 8 0 0.0% 1,808 0.4
24 筑城 和人 2 0 0.0% 2,100 0.1
4 青木 良太 2 0 0.0% 771 0.2
19 五領 淳樹 2 0 0.0% 137 1.3
6 福王 忠世 1 0 0.0% 449 0.2
14 ドゥグラス 1 0 0.0% 119 0.8
18 南 雄太 0 0 - 3,780 0.0
33 坂田 良太 0 0 - 19 0.0
20 白谷 建人 0 0 - 17 0.0
29 田中 達也 0 0 - 8 0.0
1 畑 実 0 0 - 0 0.0
15 森川 泰臣 0 0 - 0 0.0
16 甲斐 敬介 0 0 - 0 0.0
21 佐藤 慎之介 0 0 - 0 0.0
26 山崎 侑輝 0 0 - 0 0.0
27 ノ ヒョング 0 0 - 0 0.0
32 藤本 大 0 0 - 0 0.0
434 36 8.3% 41,526 0.9


隼斗が1位!やりましたなー。
ゴール数も6、決定率は10%とまずまずの数字。
来季も中心になることでしょう。

和樹も同じような数字、ゴールは2つ多い8。
来季も頼むよ早く更新してくれよー!

3位はさすがのやぶちん。
シュートの平均値はダントツです。

堀米は途中からで良くここまで。決定率も高い。

大迫はすごいw
後日やろうと思うアシストもそうなんだけど、出たら何かしらやってたからねー。

祐太郎もしれっと3得点。
つうかアイツFWがいいって。
坂田が栃木に決まったからさ、この際FWにしちゃいなよ。
あ、CBの駒・・・・

ドゥグラスは残念だったなあ、幻のゴール。
でも映像も記憶もあるよ!

大輔がちょっと物足りないかなと。
あと2点くらいいけるだろ。

キタジ、点獲って欲しかったね・・・
時間が経つにつれ切実と。


しかし、ホント決定率の低いシーズンでした。
チャンスは作ってシュートまで行けても、割りと厳しい状態でのシュートが多かった気が。
カウンターでなかなか点が取れない癖が抜け切れない印象。
持ったらゴー!という姿勢を来季は見せて欲しいところ。
スピード系を揃えてきているみたいだから期待しときます。

ロアッソユースも3期生が加入してくる。
誰が一番最初に出て、誰が一番最初にゴールを決めるか、それも興味ありますね。

3期生お疲れ!
それぞれの進路、ロアッソユースで培ったモノを糧に突き進んで下さい。

20131224a.png

そして来季、昇格した1期生から3期生みんなが出るのをサポーター皆心待ちにしてます。
頑張って!








スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2012総括#3~選手シュート数とゴール数~ 

2012/11/27
Tue. 22:21

KKウイングはネーミングライツによって「うまかな・よかなスタジアム」になるとか。

通称「馬スタ」ですね、わかります。

J1、残り1試合、優勝は決定して残留争いは最終節まで大混乱。
来年の相手は果たして…


さてさて、総括、今回は選手のシュートとゴールの記録を。
まずは表から(。・ω・)σ ⌒[表]ピーン
氏名 ポジ 時間 シュート数 平均 ゴール数 平均 決定率
14 武富 孝介 MF 3,091 74 2.15 14 0.41 18.9%
17 齊藤 和樹 FW 2,044 35 1.54 4 0.18 11.4%
13 大迫 希 MF 1,074 17 1.42 3 0.17 17.6%
39 北嶋 秀朗 FW 535 9 1.51 3 0.50 33.3%
7 片山 奨典 DF 3,413 45 1.19 2 0.05 4.4%
3 高橋 祐太郎 DF 1,056 15 1.28 2 0.17 13.3%
5 矢野 大輔 DF 2,266 10 0.40 2 0.08 20.0%
19 五領 淳樹 MF 1,134 10 0.79 2 0.16 20.0%
10 養父 雄仁 MF 3,414 78 2.06 1 0.03 1.3%
38 藏川 洋平 DF 2,904 18 0.56 1 0.03 5.6%
4 廣井 友信 DF 3,130 17 0.49 1 0.03 5.9%
15 市村 篤司 DF 1,450 16 0.99 1 0.06 6.3%
11 藤本 主税 MF 1,417 16 1.02 1 0.06 6.3%
22 吉井 孝輔 MF 2,431 10 0.37 1 0.04 10.0%
9 崔 根植 FW 897 8 0.80 1 0.10 12.5%
23 根占 真伍 MF 608 8 1.18 1 0.15 12.5%
8 原田 拓 MF 2,526 28 1.00 0 0.00 -
25 西森 正明 MF 827 7 0.76 0 0.00 -
6 福王 忠世 DF 758 6 0.71 0 0.00 -
20 白谷 建人 FW 384 6 1.41 0 0.00 -
30 仲間 隼斗 MF 190 6 2.84 0 0.00 -
27 ファビオ MF 211 5 2.13 0 0.00 -
24 筑城 和人 DF 1,689 1 0.05 0 0.00 -
26 田中 俊一 MF 187 1 0.48 0 0.00 -
18 南 雄太 GK 3,432 0 0.00 0 0.00 -
1 岩丸 史也 GK 348 0 0.00 0 0.00 -
31 山崎 侑輝 MF 41 0 0.00 0 0.00 -
16 甲斐 敬介 MF 0 0 0.00 0 0.00 -
21 畑 実 GK 0 0 0.00 0 0.00 -
28 田島 翔 MF 0 0 0.00 0 0.00 -
29 田中 達也 FW 0 0 0.00 0 0.00 -
32 森川 泰臣 DF 0 0 0.00 0 0.00 -
41,457 446 0.97 40 0.09 9.0%

既知のように武富が大ブレイク。
決定率も文句無し。
サイド気味に使われる時もありながらこの得点数は立派。
一番獲った選手が久々の2桁得点でした。

2位はサイカズ。同じくブレイク。
4点、シュート数もFWにしては物足りないながらも守備やキープで貢献。
前を向く意識も出てきており裏に抜けるタイミングは素晴らしいものをもってる。
ワントラップ目が安定してくれば来年はかなり獲れるかと。

大迫くん、短い時間ながら精度の高さで3点はさすが。
前目のライバルが多いのでなかなか点を獲る事が難しいねえ。

キタジ、さすがと言いたくなるねえ。
獲れてないとか散々言われててこの出場時間でキッチリ3点。
決定率も素晴らしい。

後はもう少ない得点ばかりなんでアレですが、やぶちんのシュート数には目を見張りますわ。
チーム2位の平均2.06本。MFとしては立派過ぎる数字。
藏さんとは随分違う本数ですけど点数は一緒w

大輔は素晴らしいねヘッドの精度。
廣井も獲れそうなんだけどなあ。

タクちゃんは0点に終わりましたけど天皇杯に期待☆
ハヤトと主税もなんか天皇杯でやってくれそうな予感(´∀`)b


今年も選手達が積み上げた40という得点に酔いしれました。
ひとつひとつを振り返るのは、、楽しいですね。


最後に、キタジのアンチ・ドロップアウトがリリースされたので。

集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva | アンチ・ドロップアウト | 北嶋秀朗
高校サッカーの星、地元柏レイソルへ
2012年8月2日、熊本。前日まで居座っていた台風の影響が残り、練習場では時折、突風が吹き荒れて、わさわさと木々を揺らしていた。
http://sportiva.shueisha.co.jp/sp_contents/dropout/3rd/vol04/01.php

いやあ、、熊本に居てくれることが幸せというか・・・
見れる時間を大切にしたいものです。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2011総括#5~選手のシュートと決定率~ 

2011/12/27
Tue. 23:24

クリスマスが終わればもうすぐ年末ですな~。
明日から消防団の夜警か・・・それで年末潰れるんだよな(わらい


さて、今回はシュート数と決定率について。

それでは早速表を。シュート数が多い順です。
( ´∀`)ノ⌒[表]
名前 シュート数 平均 得点 平均 決定率
9 長沢 駿 55 1.95 8 0.28 14.5%
27 ファビオ 55 2.01 3 0.11 5.5%
14 武富 孝介 41 1.71 1 0.04 2.4%
8 原田 拓 36 1.06 2 0.06 5.6%
7 片山 奨典 36 1.72 1 0.05 2.8%
13 大迫 希 24 1.36 5 0.28 20.8%
23 根占 真伍 20 0.90 4 0.18 20.0%
22 吉井 孝輔 18 1.30 1 0.07 5.6%
5 エジミウソン 14 0.55 1 0.04 7.1%
32 ソン イニョン 13 1.95 2 0.30 15.4%
15 市村 篤司 9 0.26 1 0.03 11.1%
16 矢野 大輔 8 0.47 2 0.12 25.0%
24 筑城 和人 7 0.43 0 0.00 -
25 西森 正明 6 0.75 0 0.00 -
28 菅沼 駿哉 6 0.37 0 0.00 -
2 チョ ソンジン 5 0.42 0 0.00 -
30 仲間 隼斗 4 0.55 1 0.14 25.0%
11 宇留野 純 4 1.16 0 0.00 -
10 松橋 章太 3 1.59 1 0.53 33.3%
4 廣井 友信 3 0.15 0 0.00 -
6 福王 忠世 2 0.13 0 0.00 -
17 齋藤 和樹 2 0.61 0 0.00 -
26 田中 俊一 1 0.94 0 0.00 -
34 田中 達也 1 1.36 0 0.00 -

今年はエース級の活躍した個人が居なかったですなぁシュートまで持って行くような。
戦術云々あるかもだけど、一番シュート平均の高い選手がファビオの2.05で、ここまで落ち込んだことは今まで無かったです。
(ちなみに去年の一番平均値高いもファビオ=2.56)
チーム内得点王の長沢で1.95か・・・もうちょっと打っていかないとねー特に前線の選手たちは。
仲間くんなど最初は意識高くて良かったのに後々はほとんどシュートチャンスに恵まれず。
イニョンのシュート意識の高さは見た通りだな。

今回シーズン途中から集計してて思ったけどボランチの選手たちが打つ機会が多かったねーと思いました。

決定率は高め。
特にのぞみん、決定率20%オーバーは立派ですな。
選手間でも「シュートが上手い」と言われている選手なので今後楽しみです。

ネジも決定率が20%オーバー。
かなり貴重な得点ばかり決めてたもんね~ここぞという時に。

ファビオの今年の「ついて無さ」(あえてそう表現)はかなりのもんです。
1年目が良かっただけにね。
開幕戦で1vs1を外してから今年の歯車が狂った感じだけど元々打っていく選手なので来季は持って来るでしょうそれなりの成績をもってくるっしょ。



あ、さて、
何でも柏の9番にオファーしたとかw
さすがです熊本。
人の動き、色々あるけどやっぱ熊本だわw
無くても楽しめるって素晴らしい(人´∀`).☆.。.:*・°

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

立ち会える確率 

2011/08/15
Mon. 23:30

みなさん、お盆いかがお過ごしでしょうか。
大雨ですねえ。
けれど気持ちよく勝ってくれたお陰で余裕で過ごせています精神的に。

さて、土曜の試合はご存知のように、後半ロスタイムに逆転弾というこれ以上のシチュエーションがあるかっちゅー終わり方でした。

じゃ大体そんな得点がどのくらいあるかーとまとめてみる。
(。・ω・)σ ⌒[表]ポーイ
日付 得点者 相手 スコア 概要
2008 6月28日 山内 祐一 C大阪 3-2 逆転弾
2008 8月30日 斉藤 紀由 甲府 1-5 -
2008 9月23日 吉井 孝輔 横浜FC 1-0 勝ち越し弾
2009 3月8日 宇留野 純 草津 1-2 -
2009 5月17日 原田 拓 栃木 1-1 同点弾
2009 7月26日 市村 篤司 福岡 2-3 -
2009 9月2日 西森 正明 岐阜 2-5 -
2009 11月29日 山口 武士 富山 2-0 -
2010 3月7日 市村 篤司 千葉 1-1 同点弾
2010 6月12日 藤田 俊哉 徳島 2-1 勝ち越し弾
2011 6月19日 矢野 大輔 大分 2-2 同点弾
2011 8月13日 市村 篤司 大分 2-1 逆転弾


ロアッソ全得点168点中、89分以降に決めたのは12点。
率にして7.14%
あれ?意外と多いか?

そして試合、現在天皇杯除いて通算149試合を戦っており、色が付いているところは、
89分以降の得点で勝ち点につながった試合ということで7試合、率にして4.7%とかなり低い。
うち逆転弾ともなると、わずか2試合、率にして1.34%と相当貴重ということが解る。

んで、この確率を元に、後半ロスタイム逆転弾試合に立ち会えるか無駄に計算してみましたww

10:12.6%
20:23.7%
30:33.3%
40:41.8%
50:49.1%

大体こんな感じ。
50試合見てもその確率は半分!

元が1%くらいだから大体試合数%辺だろーが、なんて突っ込みは待っておりません。

私は運よくユウイチ逆転弾も見る事が出来ました。
やっぱり表で色のついているところは記憶に蘇りますな。
何度も見たくなるゴールだもんね。

そしてイチ、熊本でJ入りして決めた得点は通算6でうち3が89分以降ってあんたすげえわ。
これからも狙っていってくれ。
今度から後半ロスタイムにイチがPA付近きたらなんか期待しちゃうなw


そんで良く考えたらこれと逆のことをやられた回数も同じくらいあるんじゃないかなーとか思ったんですが、
数えるのとか切なくなるので止めときます。

[edit]

CM: 1
TB: 0

page top

被シュート数と被決定率の関係 

2011/05/31
Tue. 23:21

今季なんか気持ち悪いくらいに少ない被シュート数。
多分みなさんも既にお気付きだと思いますけど。

今季はホント少ないです。ぱねぇ。
んでちょっと被決定率との相関関係を調べてみますた。

まずは表を(。・ω・)σ ⌒[表]
シーズン 試合数 シュート数 被シュート数 得点 失点 決定率 被決定率
2008 42 405 555 46 72 11.36% 12.97%
9.6 13.2 1.1 1.7
2009 51 492 644 66 82 13.41% 12.73%
9.6 12.6 1.3 1.6
2010 36 356 369 39 43 10.96% 11.65%
9.9 10.3 1.1 1.2
2011 8 86 46 7 4 8.14% 8.70%
10.8 5.8 0.9 0.5

下段は1試合平均値。

うーん、以外にもいい感じになってくれましたw
被シュート数が多いほど、被決定率も比例して上がってます。
率は変わらないかなーと思ってたんですが。
いや逆にシュート数少ないほうが決定率的には高くなるんじゃないかと思ってました。
先日のシュート3本で1失点してしまったように。

DFが疲れてくるんでしょうか、分かりませんがとりあえず打たれたほうが決められる確率も上がってしまうということ。

わずか数パーセント差のように思える被決定率。
本数、2008年の被決定率および今季の被決定率に基づいて計算してみました。
- 10 15 20
12.97% 75.07% 87.55% 93.79%
8.70% 59.76% 74.47% 83.80%


本数から出ている被決定率が正しければ
本数によっての失点するリスクは相当変わってきますのでやっぱり少ない方がいいですね、打たれる本数は。

次節はどのくらいシュートされるんでしょうか。
その辺も楽しみです。




[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。