Takana-DATA

『ロアッソ熊本』のデータにまつわるエトセトラ( ゚∀゚)o彡

【'11J2 戦2節】vs京都 

2011/06/30
Thu. 08:40

6/29 アウェイ/4,015人

■結果:
熊本 1 - 0 京都

■得点経過:
59' ファビオ(1)

■ 勝敗および順位:
6勝5分2敗 勝点23 得点13 失点9 得失点+4 取得率.590 5位↑

■ 対戦相手通算:
京都:1勝0分0敗 勝点3 得点1 失点0 取得率1.000

----------------------------------------------------------------------

連勝キタ━━━(゚∀゚)━(。A。)━(゚∀゚)━(。A。)━(゚∀゚)━━━!!!!


そしてようやく決めてくれましたファビオ!!
前回当ブログの文末
「セットプレイからあるんじゃないかと思う。ねーファビオくん!」

なにオレのこの預言者っぷり。
ともあれ苦しい時のセットプレイです。ようやくCKから。
西森もクリアしにくい良いボール蹴りました。
そしてファビオ、開幕での絶好の1vs1を外してから何か呪縛に掛かっているのかというくらいでしたが、ようやく1本出ました。しかもスーパーなゴール。
これは大きい筈!

延伸となっていた第2節の試合、
前半は相手の3トップのタダヨやダイスケに掛ける速いチェイシングに苦しんで蹴るだけに。
ボールの収まりどころもなく、取られては作られの繰り返し。
相手の前3枚のドリブルには結構苦しめられました。
クロスバーに当たったヘッド、サイドネットだった2本、生きた心地しなかった。

後半になってファビオ投入、
最初からある程度つなげるようになる。
シュートまでいけるようになったものの、枠を捉えれない。
そんな中で押し込んだ時間帯に取れたCKからの得点。
理想的です。

それから長沢くん、2枚目で退場という・・・
長沢君にしては熱くなってた。突っ掛けられたというのもあるかもしれないけど、優しい性格でと言われてた彼があんな態度取るようになったんだから、これはこれで。

それからピンチの連続。
正確なミドル、ドリブルPA進入からシュート、いずれも決定的過ぎて良く入らなかったと思われるくらい。
本当に良かった・・・タダヨ、ナイスクリア過ぎて逆になんでそこに居たの?みたいな。

いやはや、たったあそこだけで勝ったような試合だったけど、
セットプレイからようやく取れたことと、運もあるにしろ久々に完封出来たことは非常に大きい。
次節鳥栖戦で長沢くん非番だけど、その前にファビオに1本出てて良かったね、これも。


今季初の3連勝へゴーです、ゴー。




関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2011-06