Takana-DATA

『ロアッソ熊本』のデータにまつわるエトセトラ( ゚∀゚)o彡

大きな動き、引退そして満了 

2014/12/29
Mon. 12:15

またも久々に、1ヶ月振りになってしまいましたが。
この1ヶ月で大きな動きがありました。

孝輔、主税、拓ちゃんの引退に加え、大輔も、、、
これで「ロッソ時代」を知る選手は居なくなり、更に5名の選手が満了。
コーチやマネージャなども入れ替わる様相。
更新や加入に関しては皆さんの知るところとなっているのですが、これで最長在籍の選手は片山奨典、2010年から。
殆どが2012年以降加入の選手で固められることが決定的。
ユース監督やフィジコ人事含め、小野監督の長期政権を匂わせる12月の動向、、、

クラブは大きく、かつて無い程変わろうとしています。
それでも悲壮感無く実践しているフロントは素晴らしいのではないかと。



さて、引退した4選手について一言ずつ。
■矢野 大輔
全ての監督に重用されたその身体能力と、1試合で1回は見せるそのポカさが皆大好きだった。
「こら大輔ええええええ!!」と何度叫んだことか。それを思い出してリリース見て泣いちまったよ。
インドアで残念なイケメン扱いだけど(タンクマ参照)、イケメンはイケメンでコンテストでは常に1位。
以前は細くてチャラかったイメージから16番が板についてきたころには完全に無くてはならない存在に。
センパイ拓ちゃんがSBに居る時の安心感が伝わってきてたのが今思うと微笑ましいわ。
ありがとう。

■吉井 孝輔
加入当時から孝輔のことが好きで、2006年末のファン感でサイン入りのスパイクが当たるというね。
それから背番号が変わる度にそれにサインを貰って。最後にまた貰いに行こうかな。
その時のファン感は流通会館だった記憶。その次の年はグランメッセだったかな?まあいいとして。
運動量を売りにして喰らい付くその姿は当時のチームでは際立ってた。ミドルも強烈なのあるし、生き生きしてたんだけどね、2011年からかな、最終ラインを任されるようになって何となく窮屈そうなプレイで。それでもキッチリ身体を当てに行って頑張ってた。今年急に出場減ったけどずっと2000分台を辺りをキープする辺りやっぱりみんなに信頼されていたんだなあと。
水前寺の栃木戦、ヨシオさんからのクロスをヘッドでねじ込んだゴール、今でも脳裏に、だよ。
ありがとう。

■原田 拓
練習生目撃情報からホントに加入するってなった時は心躍ったのを今でも思い出す。
それから即スタメン、大輔のお守り役になっていく感じだけど、何度も預けられるボールをロストせずに深い位置からのロングフィードが目に焼きついてるなあ。プレイスキッカーとしても1番手で何度もアシストを記録。誰彼のスーパーゴールは彼のキックから幾度も演出された。
記憶に鮮明なのが何といってもキタジの熊本初ゴールをアシストしたあのクロス。タイミングといい精度といい拓ちゃんならではだった。
最後のビバラジで、ボールが運べる能力があればって言ってたけど、だからあのフィード力があるんだよ拓ちゃんには。
あの美しい弧を見れないと思うとちょっと寂しいね。
ありがとう。

■藤本 主税
熊本が得意にしてる元日本代表枠で加入、当然熱くなった。
何度も自身が言及しているように、自分らが思っている以上に、キタジと雄太(とクラさん)との出会いは彼の人生にとってプラスだったかもね。そういう意味で、熊本という場所があって良かったなと。
加入してすぐのホーム開幕戦で決勝弾を叩き込むなど持ってる感もハンパなかった。年が一緒で、その試合で家族でフラッグベアラーしてたからさ、もう抱き付きに行きたかったよ。
常にゴールを、ゴールへ結びつくパスを狙ってた。あの強気なスタイルは大好きだった。
将来熊本で、自分が監督で、キタジがHC、雄太がGKCで、、なんてオヤジ共が道楽的夢を描いているようだけど・・・ホント大歓迎だわ。やっちゃってよ。クラさんも使ってやってね!選手ででもいいけん!もうA級だし、そう遠くない未来かもね。
ありがとう。


次は、、、満了となった選手へ
■高橋 祐太郎
体躯に恵まれた選手。出たらコンスタントに活躍してたよねえ。ハッキリ言ってDFよりFW向きだったなあ。得点能力高かったし、何より前目で出てた時のほうが楽しそうだった。
でも今年は出番激減して、、巻との2トップ見たかったけどねえ。
セットプレイからの得点も期待してたんだけど今年からセットプレイはほぼサインプレイというね、なかなか難しい年でもあったかも。
雨の千葉戦、中盤でガッツリと奪ってスーパーなスルーパスを出したのしっかり覚えてるわ、向こうサイドだったけど。
ありがとう。



■ファビオ
熊本が誇るアクロバティックシューターもいよいよ満了ですか・・・
雑なプレイスタイルだったけどここ一番の能力はホント高かった。
初ゴールでエンブレムをくわえるの、良かったねえ。
コールで振り付けついてるのも乗れるから楽しかった。
心に残っているのはやっぱり101分という今後無いであろう3桁分に決めたやつ。
最後に公式HPに長く暖かい文書いてくれて泣けた。
日本でプレイするのかなあ。帰国しそうだよねえ。
ありがとう。




■大迫 希
悲運のクロッサー、遂に・・・
希のキックには希望があった。けれど、本当に運が無かった。
少ない出場時間ながら数字を残してきたのだけれどなかなかポジションを固定出来なかったのは何故なんだろうかと。
高卒ルーキーとしては重用された方だと思うのだけれども・・・
東京V戦のゴール、良かったね。スルーされたボールをGKの体重移動を確認してきっちりキック。しかも左足で。希ならではのゴールやね。
能力の高い選手であることは間違いない。すぐに次が決まると思ってる。
ありがとう。



■五領 淳樹
1年目から試合に絡み、トリッキーな動きで翻弄した。
将来は大迫と共に熊本を背負って立つ中心選手へと成長していくんだろうと思っていた。
ムラっ気は確かに感じられた。ビッグチャンスを2~3度外してきたのは痛かった。
ただ、推進力は本当にあった。もう少し、ピッチで躍動する姿を見たかったね。
湘南戦での動きは素晴らしかった。相手をあざ笑うかのようなスタイルは随一だね。
明るい性格も本当面白かった。貴重な人材だったんだけど。
ありがとう。



まだみんなについて書き足りないけど、引退しようが満了になろうが、ロアッソサポーターみんな、応援してる。
これからもがんばって。ありがとう。
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2014-12