Takana-DATA

『ロアッソ熊本』のデータにまつわるエトセトラ( ゚∀゚)o彡

先制点の優位性 

2010/07/29
Thu. 12:45

稲田、突然の移籍で驚きました・・・><
次節終わってからちょっと書きたいと思います。



さて、
先制してから押し切った富山戦。
今季思えば先制点を取った試合を落としていないんですね。

よくサッカー選手のインタビューで出る
「先制点が重要」って言葉、ホントのところどうなのか、J入りした年からの成績を調べてみたんですが、
それが全てとは言い切れないものの、サッカーは先制点が相当な威力を発揮するスポーツなんだなと改めて。


とりあえず、データ、
○が先制した試合ね。


   試合(勝敗)   勝ち点取得率
2008-----------------------------
○ 15 ( 5- 7- 3)  22/45(48.9%)
× 24 ( 5- 3-16)  18/72(25.0%)
2009-----------------------------
○ 24 (14- 6- 4)  48/72(66.7%)
× 27 ( 2- 4-21)  10/81(12.3%)
2010-----------------------------
○  8 ( 6- 2- 0)  20/24(83.3%)
×  7 ( 2- 1- 4)  07/21(33.3%)



今季はそれがホントに顕著に出てる。
守備が堅くなった結果だね。

今季、先制して追いつかれたのは鳥栖と北九州のアウェイ戦。
双方、長い後半ロスタイムで「・・・えー・・・」みたいな失点だったので、ほぼパーフェクトと言える結果。
逆転負けがないのは本当に立派。

逆に、先制されたほうでも33.3%取得はしてるっていうのは、
率からして最低でもドローに持っていってるという。
素晴らしいです。

過去のデータ見てみても、失点の多かった去年ですら、
先制した試合は66.7%の取得率。

この取得率は、昨年3位で昇格した湘南を上回る取得率ですから、
極論、全試合先制してれば昇格したワケです。

逆転勝利が多かったイメージのある1年目にしても先制された試合の取得率は25%しかなく、いかに先制点がもたらすものが大きいか。

サッカーの1点は重く、両チームの戦術やメンタルに与える影響は大きい。


今のロアッソ、選手たちには潜在的に「先制すれば」という思いが働いていると思うし、
更に、先日の富山戦で、先制から追加点を奪って今季初の2点差以上での勝利を受けて、今までキッチリ締めなきゃいけない戦術やメンタルの中でも点が取れるんだという部分の強みが加わり、いい方にいってくれると思ってしまう。

そして良い成績を収めている今季、更に安定させるには最初に得点出来たらいいのは分かっているが、最初に失点しないことが大事。
まだリーグ半分。
消耗戦が後々響いてくることは間違いないので。













関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

お疲れ様ですv-410
先制点をとってからの負けなしは凄いですねv-411
ただ、あの引き分けが勝てていれば、今頃は・・・

Mr.ロアッソ #4ar3Gsb2 | URL | 2010/07/29 22:36 * edit *

>Mr.ロアッソさん
先制してからいいサッカー出来てますよねえ。
さすがに北九州に二度も追いつかれるとは思ってませんでしたが、、

あの2戦を忘れずに、最後まで集中して、残り15分で追加点を狙っていけたらと思いますね!

高菜@管理人 #- | URL | 2010/07/31 11:35 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://takanadata.blog99.fc2.com/tb.php/129-a04555a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-04