Takana-DATA

『ロアッソ熊本』のデータにまつわるエトセトラ( ゚∀゚)o彡

南雄太のゲームになると予感して 

2012/03/16
Fri. 12:49

南雄太、言わずと知れた熊本の絶対的守護神。

2010シーズン前に加入して以来、リーグ戦全ての試合でフル出場し、目下76試合連続フル出場中である。
加入したばかりの2010シーズンから失点が激減し、監督も変わったことも影響して熊本のサッカーを大きく改正してしまった。

JFL1年目中盤辺りから、GKを後ろから見るようになっていたが、雄太のプレイを初めて見たとき衝撃を受けた。
J1→J1レベルだと余り気付かない、というより衝撃を受けなかったかもしれないが、GKというポジションを再認識させられた。
飛び出したら絶対に触るし、CKなど目測を誤ることもない。ミスキックをすることも皆無。
相手のチャンスになる瞬間にコースを切りに行くその判断力と、そして切り方が素晴らしい。
その年に見たvs柏・北嶋やvs徳島・津田のシュートストップなど、スーパーなチャンスに見えるけども実際は恐らくもうコースが無い状況で本当に驚いたのを覚えている。
みんなの力であるが、雄太の活躍によって勝ち点を拾ってきた試合は数知れずだと思っている。

先日の主税のブログにあるように、プロ意識も素晴らしいし、ブログの更新頻度やツイッターなどでのファンサービスも欠かさない。
サッカーが激変したこと、加入した時期などを加味して、熊本がこの先雄太を超えるGKに出会うことは恐らくもうないと思う。
そう言い切れるくらいの選手であるし、自分以外の熊本サポもそう思っていることだろう。(多分w


今更雄太のことを言及しているのだから、当然、言いたい事があったりする。
昨年はキャプテンを自ら買って出て、今年は主税が務める。
副キャプテンにも名を連ねてなく、雄太に限ってそれがプレイに影響無いと思うが、今季始まって2戦、どことなく雄太らしくない。

福岡戦の2失点、雄太は触っているがゴールインされた。
ボールが濡れていた影響はあるとは思う。
その後ユタカだっけ、CKからのヘッドをスーパーセーブしたけど、あの2本とも触っていたのにうーん惜しかった。

次の鳥取戦、失点シーンはしょうがない。
けど後半に飛び出してキープ出来ず、PA内であわやという場面を作られた。
今までの雄太からはちょっと考えられないシーンだったなと今振り返ると。

福岡戦と鳥取戦のバー直撃FKも、うん、色んな要素があると思うけど、触れなかったし。


次節、京都はJ2屈指の攻撃力を持つ。
天皇杯準優勝し、昇格候補筆頭である。
思えば雄太は攻撃的な相手ほどその能力を如何なく見せ付けてきた。
かのシュート21本浴びながら零封したvs柏@日立台のように、足が攣るくらい立ちはだかって欲しい。
そして、雄太という存在をもう一度大きくアピールして欲しい。
いややってくれるんじゃないかと思う。

勝ち点もぎ取って来ると、
そして雄太が雄太である所以のようなゲームになる事を予感してる。

現地入りするサポは雄太の背中への後押しお願いしまっす!



いつか「五郎八」で会いてーなーw
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://takanadata.blog99.fc2.com/tb.php/306-1cf3ef31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-04