Takana-DATA

『ロアッソ熊本』のデータにまつわるエトセトラ( ゚∀゚)o彡

武富のゴール後とトラメガに関して 

2012/06/10
Sun. 13:18

武富が水戸戦で決めた後、一目散にゴール裏方面にガッツポーズ、そしておじぎをした。
とても嬉しそうに。



試合後、トラメガで前節のPK失敗、だけど暖かいコールがあったから前を向けたと言ってくれた。



熊本大好きとまで言ってくれて、噛みしめるとこちらも目頭が熱くなる。


自分はプロのサッカー選手になったことは無いが、
プレイを何の為にするか、人それぞれあってもそれは大体は変わらないんじゃないかと。

生活のため
自分や家族のため
監督やチームメイトのため
そしてサポーターのため、、、

サポーターのために、というプライオリティは、正直低いと思う。


結果に左右されるサポーター。
特に負けてしまったら見ず知らずの人達からどやされる。
果たしてチカラになっているのかも解らないモノだよ、、と思われてるんじゃないか、、

サポーターしてるくせにこんな考え持つのもアレなんだが。


だが今回の武富の言動を見て、何かサポーティングの真意を見た気がした。

アウェイで結果が出てないこの今季においても、PK失敗からエールを送れる関東サポと現地サポのその行動に加えて、今までの入団してからのホーム&アウェイの積み重ねもあったんだと。

短期の結果に対してのブーイングなんて簡単である。


選手達が「サポーターのため」という小さいセクションからパワーを生み出すことが出来るのなら、サポーターはそのためにサポーティングをやっていくべきなんじゃないかと思う。


まぁ、
価値とかそんなん以前に、クラブが大好きだから応援するんだけどねw
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

サポーターの意義、定義ですか

自分としては特定団体のサポーターとかゴール裏に集まる人たちではなく
クラブを応援するためにスタジアムに集う人全てが
そのクラブを応援する人たちの代表だと考えています。

ロアッソを応援する人、全員がホームでもアウェイでも
毎回スタジアムに行けるわけではないんで
その人たちの気持ちまで背負ってチームを後押しする人たち

ロアッソの選手が熊本を代表するサッカー選手だとすると
サポーターはロアッソを応援する人たちを代表して
選ばれた者たち(選手)なんじゃないかなと

そして、その12番目の選手になるには決して難しい事はなく
チケット買って、ロアッソを応援する気持ちを持って
スタジアムに行けばいいだけ

リアルの生活の中でもTwitter上でもなんでも
「魂、預けます」「自分の分も応援頼む」
この一声を掛けてもらったり、掛けたりして

その気持ちを汲んで選手をクラブをしっかりサポートする

かつて、中山雅史選手が言っていた
「オレたち(選手)がお前たち(サポ―ター)に必要なように、
  オレたちにもお前たちが必要なんだ。」

これが選手とサポの最もシンプルな関係じゃないかなと思っています。

Fbmax #g.twPQfo | URL | 2012/06/11 09:13 * edit *

>Fbmaxさん
どうもどうも。

そうですね、自分でサポーターと呼べる人達は皆サポーターだと思います。
おっしゃるようにそこに応援している場所ややり方、また考え方など違いがあっても皆大事なサポーターだと思っています。

ただ大事なのはその先かなと。
そのシンプルな関係性の中に、果たしてどれだけ「お前らのために」と思ってくれるかということ。
今回、向こうサイドで決めた武富が教えてくれた気がしました。
ぬるいとか何とか言われようが、少しでもパワーになるなら、と思いました。

高菜@管理人 #- | URL | 2012/06/11 13:18 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://takanadata.blog99.fc2.com/tb.php/326-fc4d77f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08