Takana-DATA

『ロアッソ熊本』のデータにまつわるエトセトラ( ゚∀゚)o彡

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

【'12 J2 戦33,34節】vs水戸,大分 

2012/09/18
Tue. 13:49

■ 結果:
熊本 0 - 2 水戸
熊本 2 - 1 大分

■ 得点経過:
76' 失点
87' 失点
---
36' 吉井 孝輔(1)
49' 失点
53' 齊藤 和樹(3)

■ 勝敗および順位:
10勝10分14敗 勝点40 得点30 失点41 得失点-11 取得率.392 16位↑

■ 対戦相手通算:
水戸:4勝3分5敗 勝点15 得点10 失点15 取得率.417
大分:2勝6分0敗 勝点10 得点7 失点5 取得率.556

----------------------------------------------------------------------

2試合まとめて。

所用につき、水戸戦のPV、そして昨日の嬉しい勝利を見れなかったのは非常に残念でした。


北九州戦で起用から失敗し敗戦、からの天皇杯で若手の活躍で快勝。
そして水戸戦を迎えた訳ですが、あえなく。

ここ6試合、水戸には負けておらず(4勝2分)かなりいい相性だったのですが。
前半のうちに点を獲っておかないと厳しい戦いを強いられているロアッソだけに、前半で1点決めておきたかった。
月並みですがね。
ただ今年、後半だけの得点で勝ち点獲れたのって、○鳥取戦(H)、○千葉戦(H)、△徳島戦(A)だけじゃないかなと。

なので前半点が奪えないとちょっとキツイ。
逆に獲れていれば追いつかれても負けゲームにはならない。
それが大分戦。

高木サッカーの真骨頂?とも言うべき連戦でした。

同じ45分なんですが、
チャンスを決めきれない→無得点で後半突入という熊本にとっては本当にヤバイ状況に陥らなくて良かったと思える孝輔の今季初得点。

そこから追いつかれて、再三のチャンスに絡んでた和樹が決勝のヘッド、良くやってくれました。
孝輔先制弾から追いつかれての決勝点、エジミウソンを思い出しましたよ。

2得点ともいい感じでした。
期待されている感が本当にある和樹、1ゴール1アシストの活躍。
これでまた一皮剥けてくれると。

大分には6戦無敗。
多くのアウェイサポーターが訪れる大分戦、何よりもスタジアムに居たかったですわ。
結果はどうあれ。

上記した、高木サッカーの真骨頂?ですが、とにかく先制サッカー。
押し込まれるのに強いっていうか、押し込まれてもやられない。
逆転負けした試合は高木監督になって、2011年第34節vs京都の今だ1度だけ。
まぁこれ何回か書いてますけどね、今年も磨きが掛かってるのでまた書きますねw

なので、前半から燃え尽きるくらい玉際に行って欲しいと。
そういった意味から、頑張れる選手を選んだと明言した大分戦、それが今後重要なんじゃないかなと。
そして久々にカウンターで点を獲れたこと。
カウンター、結局和樹と孝輔で決めちゃってる。戻すことも無く。
あれについてもかなりいいと思う。
「揃う前なら2人でも獲れる」という意識が今後前を向かせる。

苦手な福岡を前に、ダメなゲームと良いゲームを経験出来たのは良かったと思ってる。
とにかく前半からガツガツと!


関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://takanadata.blog99.fc2.com/tb.php/350-d729df57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。