Takana-DATA

『ロアッソ熊本』のデータにまつわるエトセトラ( ゚∀゚)o彡

雄太、横浜FCへ... 

2013/12/30
Mon. 09:57

公式に掲載、雄太の移籍が発表されました。
イチ、匠のいる横浜FCへ。

珍しく雪の積もった日に熊本にやってきた雄太、その次の日、ジョギングする姿を目撃して、なんで声を掛けなかったんだろうと今でもそれは後悔しています。

熊本で積み上げた数字は4年間で、155試合、13,872分。
ほぼフル出場の絶対的守護神。
当然の如く、かつてない程の数字を残したGK。

やってきた2010年、そのプレイを見て正直驚きました。
それまでのGKがダメだったという訳では無いと思うのだけれども、雄太は異常に凄かった。異常に。
「CK等のハイボールに飛び出したら必ず触る」
過去を知る人なら分かると思いますけども、これがどんなに凄いことか。

セービングに関してもポジショニング&飛び出すタイミングから生まれるシュートコースの切り方は今まで見たことが無くて震えました。

キックに至ってはミスはほぼ皆無。
これは現在でも相手が1試合に数回ミスるのを見てもその差は際立っていました。

失点は激減、2010年に史上最高位の7位という成績でフィニッシュするに至り、GKでこんなにも変わるもんだと、これがJリーグ一線級のGKなんだと認識して早4年。
熊本サポーターはGKに対する目も慣れて、これが当たり前と感じるようになりました。
残されたのは雄太と一緒の時間を過ごした畑実、高卒ルーキー永井建成、つい昨日リリースされた富山から移籍してきた金井大樹の3人。
プレッシャーは相当なものだと思われます。
ただ、全員に出場の機会があり、そこは選手にとって頑張らない訳にはいかないでしょ。

J1昇格へのひとつの布石だった経験豊富な一級戦のGKが去ったことで中期的なプランはひとつ終わりを告げたように思えます。
これからは新生・熊本へ。


雄太、ありがとう。
ブログも含め本当熊本の顔でした。
来季横浜FCでも頑張って。
でも熊本が誇る慎太郎たちが雄太の守るネットを揺らすよ。
それが今から非常に楽しみ。


関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://takanadata.blog99.fc2.com/tb.php/454-fd26ba1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08