Takana-DATA

『ロアッソ熊本』のデータにまつわるエトセトラ( ゚∀゚)o彡

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2014選手短評③ 

2014/02/10
Mon. 22:42

昨日のTM札幌戦は完敗でした。
現段階では相当な差を感じました。気合い入れていかないと。
ただ1800人程入ったとか。凄いね。

さて選手短評③、ラスト

№24:ジョン ミンヒョク
どうも韓国人プレーヤーは顔も名前もなかなか覚えれない。歳のせい。
髪型で覚えるしかないが、あと一人のジョンソクとの区別が問題だ。
ソンイニョンは会社の同僚に似てたからすぐ覚えれた。
ジホやソンジン達もそれなりに覚えれたのは若かったから。(自分が
それはそうと彼、ドリブルを武器とするU18韓国代表やないけ・・・期待。
ボールタッチも柔らかくトラップが吸い付く印象。
大分とのTMでも早速得点してますな。
韓国人プレーヤーはなかなか長い間在籍しない印象だが、少しでも活躍して成長してくれたらと思う。
頑張れ。

№25:パブロ
八代人パブロ。選手たちからはヤンパブて呼ばれているみたいだ。
でも私はスタジアムでデカイ声で「ヤンパブー!!」て叫べない。ちょっと恥ずかしいというか気が引けるというか。ヤとラが同じ母音だからだろうか?パブロが2人居るというのは本当に厄介である。
昨年はヴォルカにて武者修行。今年は残ったが正直FWのライバルは多い。プレイの幅を広げて欲しいところ。
秀岳館出唯一の現役Jリーガーである。八代の星である。
八代と言えばレバー叩いた瞬間にキーーーンの音とともに八代何とかランプが光るほうを思い出すけどもそれはまた別の機会にでも。
プレイの幅を広げて欲しいと言ったが、なるべくゴール付近でのプレイのほうが輝くと思う。キーーーンと。
TMで良いプレイしてとりあえずリーグ戦出場を目標だ。頑張れ。

№26:山崎 侑輝
バカトリオの一角。オチ役ぽい。
本家パブロ。いやお前が本家ておかしいだろ。
ここで何故パブロになったかという逸話は、、、ググって下さい。
パブロも2人居るし、やまさきゆうきていうのも2人居るしさ、、、非常にややこしいわ。
2012に特指で3試合出場し昨年入団したものの昨年は出場なし。大卒で2年目、ここらで絡んでいかないと厳しい。似たようなポジション、身長体重の選手が多いかもしれないがそこでチャンスを掴むと大きな自信になるだろう。
本人もそこら辺は自覚していると思うが。
昨年の特指で鹿屋の後輩である坂田が栃木に行ったのは本当に残念ではあるが、五領と隼斗が居るから大丈夫。頑張れ。

№27:中山 雄登

久々に流経大からの加入。広島ユース出身は初めてだっけ?
大学では1年時途中からずっとトップチームでプレイ。凄い。
Twitterのフォロワーさんから色々お聞きしたんですが、3年時終盤から覚醒したらしい。
上手い、凄いコはどの大学でも居るが、チームの為に何をすべきかを見据えてプレイ出来るように最後の1年は本当にカッコ良かったと。また、そういう変化やプロになる境遇が隼斗に似ているのだとか。TMでも一際光ってた。
この身長でレフティ、堀米を思い出す。そして隼斗とのコンビプレイも。期待しよう。
そして雄登、相当シャイらしく、喋るのが相当苦手だとか。ツイッターも鍵付きというね。
新体制発表はあえて欠席したんじゃないかと勘ぐってしまう。
こりゃジミーズ事務所行きが噂されるのも時間の問題か・・・・つうか流経大出身て何でこんなにジミーズ入りすんの?才能あり過ぎだろ。頑張れ。

№28:キム ジョンソク
広島からのレンタル。
えーーと、ジョンミンヒョクと名前も似てて・・・わからない・・・歳のせい。
球際の激しいボランチという印象。24番ミンヒョクと比べたら向こうが柔でこちらが剛か。
ミンヒョク同様、髪型は韓国人らしいスタイルなので分かりやすい。そう、今、あなたが頭で思い浮かべたその髪型です、あってます。後はどちらが誰というのを覚えて貰えるよう、頑張れ。


№30:仲間 隼斗
今年、そしてこれから完全に中心選手になるであろう選手。
1年目に途中出場から光るプレイで魅了、初スタメンで「取れちゃった」感満載のゴールを決めてしまい、そこから気合い空回りのスランプ気味に陥るものの昨年完全に自分を自分のモノにした。ガンバ戦のゴール後のパフォーマンスはまだ自分のモノになってない中途半端なものだったが。
今季は副キャプテンにも指名され風格すら感じるようになってきているがまだ22歳。楽しみである。
但しパス及び抜け出す時の競り合いを主として雑さが残る。ファビオ同様その雑さがいい方向に出れば、もしくは修正出来れば更に上にいけるのではと思う。
山形戦や長崎戦のゴールのように落ち着いて相手の動きを把握出来るようになってきたのは成長の証。後は前述した雑さと、如何にして前を向くことが出来るかだ。今年の成長も楽しみ。
ヤバイ、隼斗のクセにここまで真面目なことしか書いてない。えーと、、カモンロッソを全力でふざけてやって主税に怒られろ。頑張れ。

№32:藤本 大
昨年流経大から加入した大津出身のDF。
才能はあるんだろうがそれをまだ生かしきれていないのではないかと感じる。まだまだ成長段階。
大輔と似たようなガタイと髪形、それに先輩後輩の仲なのでアドバイスを貰って後を継いで欲しい。残念なイケメン等言われる部分は継がなくて良い。
甲佐町出身、アニキはC大阪所属の康太。PL学園のような益城には敵わないが、甲佐町の広報誌に兄弟揃って載るなど盛り上がりを見せている。
今オフで相当の熊本出身者が加入したが、このように各地域地域の選手が居れば、どれ見に行ってみようかね、なんて気分にもなる。是非とも成長してピッチ上での勇姿を甲佐町民に見せてやれ。願わくば兄弟対決も。
流経大卒の割りにジミーズ入りしないのでは無いかと思われていたが、いやいやどうして、割りと才能あるんじゃないかと。こちらは雄登と共に引っ張っていって欲しい。いや、絶対誰も引っ張らないと思うけど。
大輔の壁は高い。でも超えて行かないと。頑張れ。

№33:上村 周平
今季ユースより昇格した熊本が誇るチビッコスターその①。
先日発表された2014Jリーガー身長体重ランキングにおいて、見事体重の軽い2位にランクイン(55kg)
身長も164cmと屈強なJリーガーが集うピッチ上においてパッと見一目で分かる位に小さい。
ポジションはボランチ。バランス感覚が鋭いのか、あのガタイで囲まれても飄々とボールを捌き続ける姿はまさに冷静そのもの。だが攻撃センスも高く恐らくは熱いハートを持っている。
39番の慎太郎と共にJrユースから活躍し、デベロップで準優勝、去年は日本クラブユース選手権にも初出場。ユース飛躍の原動力となった期待の星。
また益城出身でこの世代も凄い。同級生には後述する39番の慎太郎、先日の高校選手権で活躍した東福岡の木戸皓貴&松田天馬も居り、ややもすると4年後あたりに「益城町の輩出力」といったコラムが書かれてもおかしくないかもしれない。どうなってんだ本当に。
これからその今は小さい背中がどんどん大きくなっていく様を見届ける。頑張れ。

№36:巻 誠一郎
地元出身かつワールドカップのピッチに立ったことのある「熊本で一番有名なJリーガー」であろう。待望の加入となった。
孔明を迎える劉備よろしくアプローチにも首を縦に振らず、いい加減サポーター達は皆もう来ねえよウワアアアアン状態だったが新体制発表の1/15に滑り込み契約→サプライズ加入となった。
私は当日サプライズ加入があるんじゃ?のウワサが流れるもの「え、巻だったら?はっ!いらねーよ今更」なんてほざいてたんですけど、力の限り「うおおおおおおお!!」て叫びましたすいません(土下座)
ホントは待っていたんです。すれ違いの純情です。好きだからウソついたんです。
熊本に在籍した代表選手の中でも一番の国際Aマッチキャリアを持ち、アジアカップでもうまスタのピッチに立った。
利き足は何とやらで有名な選手ではあるが、足元の技術も素晴らしい。そして最後まで走れる選手である。
生涯千葉と思っていたが一転、色々な道を辿り、ようやく縁があって熊本へ。
錦を飾るのでは無い、との言葉通り、熊本も自分自身も幸せな方向に行って欲しい。巻のゴールで揺れるスタジアムを想像するだけで鳥肌を覚える。特に千葉戦は楽しみでしょうがない。年齢的にもまだまだやれる。頑張れ。

№38:橋本 拳人
強心臓を持つU-20日本代表。
物怖じしないその精神力はプレイにも表れ、ボールを狩る仕草はまるで狼。顔も狼っぽい。今気付いた。何度そのボール奪取に助けられたか。レンタル延長を勝ち取ったフロントは本当に良い仕事をした。あとは完全いs・・
先輩を先輩と思っていない印象で、過去にさかのぼると現横浜FMの飯倉を思い出す。熊谷氏が憤慨していたが、熊谷氏にだけひどかった可能性も否定できない。やぶちん大丈夫ですか?
「おい、行けよ」と言わんばかりのメッセージ性のある強烈は縦パスはロアッソ史上唯一無二。
リーグ終盤に負った怪我によって長期離脱していたがここにきてようやく合流。良かった。
プレイの質の高さを見れば年代別ではあるが「このレベルが代表レベル」というのを感じることが出来る。是非とも一度は生でプレイを、そして初ゴールを見て、将来「オレが育てた」と言えるようになりましょう。
従来のパフォーマンスが戻ってくれば確実にボランチの一番手と言える選手。失点を減らせるのはこの選手が年間を通してフルで出れるかに掛かっているといっても過言ではない。頑張れ。

№39:嶋田 慎太郎
今季ユースより昇格した熊本が誇るチビッコスターその②。
キタジの背番号を受け継ぐJrユース時代からのエース。キタジもその才能に惚れ込んで秘密兵器と称えた存在。コーチ就任したことによってキタジのいい部分も吸収していって欲しい。ただインタビュー等の応対も完全にキタジが後ろで手を引いている模様。キャッキャと笑うキタジがそれを物語っている。
レフティでプレイスタイルは鋭いドリブルのみならずパスセンスも光る選手。強めのパスが好印象。守備も上手いらしく、体幹がしっかりしてくれば将来の中心選手となることは間違いない。パスを受けた時のターン等レベルが高い。
昨年はゼロックスの前哨戦、U18Jリーグ選抜vs日本高校サッカー選抜のJリーグ選抜メンバーとして躍動。誇らしいよホント。
思うのは、恐らく天然であるということ。これにキタジの天然っぷりもコーチングされるかと思うと天然人がより強烈になるであろうが、ちょっとほっこりしてしまう。
熊本の至宝である慎太郎の活躍は下部組織のみならず熊本県の子供達に夢を与える。そういう存在であるということを認識してないだろうけどそれが良いんだろう、天然的に何でもこなしていきそうだ。
我々はキミの出場、そしてアシストやゴールで熱狂したい。心から思うよ。頑張れ。

№12:サポーター
背番号12、戦うから与えられた背番号。スタジアムの中はもちろん、外でも背負ってる意識を持ちたい。
そして「戦う」というのを履き違えたらいけない。「共に」「戦う」から背番号が与えられているということ。
「同じ熱で」byキタジ
共に戦っているなら結果は自分達の責任でもある。勝ったら共に喜んで、負けたら共に悔しがろう。
応援している場所や熱さの大小なんて関係無い。声の大きさや跳ぶ高さなんて関係無い。共に戦ってさえいれば。
皆さん今季もよろしくお願いします。
頑張ろう。
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://takanadata.blog99.fc2.com/tb.php/462-62bfdeb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。